HOME>コラム>サービス提供責任者になりたいなら介護職の求人サイトを活用しよう

サービス提供責任者になりたいなら介護職の求人サイトを活用しよう

車いす

求人サイトで探すのが主流

近年介護福祉士の受験のために、実務者研修の修了が必須になりました。その大ニュースの影に隠れてあまり知られていませんが、実務者研修を修了すると『サービス提供責任者』という職種に就くことが可能になります。サービス提供責任者はサ責とも呼ばれ、特に訪問介護の責任者的な位置づけです。シフト管理やスタッフの研修の実施、および緊急対応などを行う重要な役目を果たしています。ではキャリアアップを目指し、サービス提供責任者に転職しようとする場合、どこで求人を探せばいいのでしょうか。おすすめなのは介護専門の求人サイトの利用です。ヘルパーや介護福祉士よりは求人の件数が少なめであるサービス提供責任者の場合、やみくもに事業所のホームページを見るだけではなかなか転職先を見つけるのは難しいのが実情です。しかし介護に特化したサイトであればほぼ求人が0件になる事はなく、特に登録によるリスクもありませんので、まずは登録をしてみましょう。

女性

非公開求人ならいい条件の求人がたくさん

介護専門の求人サイトの中でも、是非お勧めしたいのが非公開求人の紹介をしてくれるサイトです。電話などによるモニタリングをした後、担当者が希望に合った転職先を選んでくれるタイプが多く、『給料は○○万以上がいい』、『子育てがあるので、残業は難しい』など、自分がなかなか伝えられない条件も絶妙なニュアンスで事業所側に伝えてくれるため、安心して働き続けることもできます。サービス提供責任者としての勤務が初めての場合は、指導体制がしっかりしている事業所を探してもらってもいいでしょう。加えて、一般的に職業紹介事業では、採用した側が人材を紹介した側に手数料を支払うことになっているため、介護事業所も真剣に人材を探しています。結果選考も熱意をもって行ってくれますし、労働条件の質も高い傾向もあります。非公開、と聞くと難しい手続きがあるのでは、と不安になるかもしれませんが、担当者がほとんどの事を引き受けてくれるので心配はいりません。是非、貴方と本当に合った職場でサービス提供責任者として新しい一歩を踏み出してみてください。

広告募集中